浄化槽維持・管理

浄化槽保守点検及び清掃

当社では浄化槽の保守点検・清掃を行っています。
浄化槽は微生物の力を利用し、し尿や雑排水を処理しています。そのため日頃の管理がとても重要になります。

保守点検


保守点検は微生物の動きが活発になる様、水質検査、堆積汚水状況点検、機器類調整及び消毒薬補充を行い、その結果を「保守点検記録票」としてお渡しします。また清掃時期を判断しお知らせします。

1.採水

2.水質測定

3.堆積汚泥厚測定

4.ブロワ点検

5.記録票作成

清掃


浄化槽には水に溶けない固形物が堆積していき、徐々に微生物の生活環境が悪化していきます。浄化槽の機能が低下すると臭いや水質悪化の原因となるので、発生する汚泥を定期的に汲み取り、浄化槽の機能を回復させる重要な作業が清掃です。清掃実施後には「清掃記録票」をお渡しします。

環境方針